「やっぱり、雛ちゃんにピッタリ」

私が今着ているのは、夏奈さんからもらったお下がりの服。

お下がりと言っても、一度も着ていない服ということで、新品同然。

夏奈さんによると、今日の天気は晴れで、まだ梅雨の時期ということもあり、かなり蒸し暑くなるとのことだった。

昨日着ていた服では暑すぎるし、夏奈さんと出かける前に家に帰ろうとも思ったけれど、夏奈さんが、着てほしい服があると私を引き止めて、今に至る。

ノースリーブのブルーのタイトなワンピースで、私には少し大人っぽ過ぎるかなと思えるデザイン。

だけど、自分では選ばないデザインだから、ちょっぴり新鮮な気持ちになる。

「髪、いじってもいい?」

ワクワクした様子で、私の髪の毛を触る夏奈さんに、私は頷いた。

夏奈さんの手によって、コテで私の髪の毛にウェーブがかかっていく。

鏡に映る夏奈さんの手元を見つめて、朝のことを思い出す。私が起きたのは、朝の8時過ぎで、すでに高梨先生は部活指導へ出かけていた。

昨日のこともあり、顔を合わせづらかった気持ちもあったため、内心ほっと胸を撫で下ろした。