私はキャロライン=ギセイシャー侯爵令嬢。

 ギセイシャー侯爵家の長女ですわ。


「お姉さまばかりずるいわぁ!」


 庭で花壇に水をやっていると、今日も今日とて不快な声が聞こえました。
 私は、性懲りも無くその台詞を吐きながら現れた人物に、苛立ちを感じながら振り向きます。

 振り向くと、そこにいるのは思ったとおり、ネタミーニャ=ギセイシャー。
 私の腹違いの妹ですわ。

 妹と言っても、歳は一緒。

 あの残念親父、お母様というものがありながら、ヤらかしてくれやがったのです。


「やだぁ、お姉さま、その服どうしましたの?」


 ネタミーニャが言っているのは、私の着ている透明感のあるブルーの普段用のドレス。

 華やかなフリルが付いていて、金髪碧眼まつ毛フリフリちょっと垂れ目の私が着ると、まるでお人形のようです。

「母方のお祖母様からのお誕生日プレゼントよ」
「狡いわ! 私には何もなかったのに」

 それは当たり前です。

 何しろ、ネタミーニャの母は父の浮気相手なのです。
 本妻の親であるお祖母様が、浮気相手の子に何かプレゼントをする謂れがありませんわ。

 なんなら、私のお母様が流行病で夭折してすぐに、ネタミーニャの母であるソネミーニャを妻に迎えたクソ親父に対しても、お祖母様はいい印象を持っていません。

「あなたはいつも、クソ親……お父様とお母様からプレゼントをもらっているでしょう? 私にはあの二人からのプレゼントはないのよ」
「それとこれとは関係ないじゃない! ずるい、ずるいわ!」
「はぁ……」

 この娘はいつもこれです。
 ずるいずるいと言いながら、私の食事から服からアクセサリーまで、何もかもを奪い去ろうとしてくるのです。
 本当に面倒臭い存在です。

 げんなりしていると、ネタミーニャが私に泥をぶつけてきました。
 うわっ、お祖母様がくださった高そうなドレスに汚れが……。

「お姉さまが悪いのよ! 私にはないのに、そんなふうに自慢して!」
「……貰った洋服を家で着て何が悪いのよ」
「私によこしなさいよ! 今すぐ脱いで!」
「いえ、私も理由があっておめかしをしていたんですけどね……」

 この娘がこんな調子なので、私は普段はメイド服で生活していますが、今日は来客があるのでおめかしをしていたのです。
 とはいえ、来客者もまた嫌な奴だし、まあ別にいいか。

 それにしても本当に、同じ11歳とは思えない女です。
 いや、同じではありませんわね。私は今日、12歳になりましたから。
 あと1ヶ月は、私の方が年上なのです。

 ちなみにこの娘は、残念親父とこの娘の実母が甘やかしまくって育てた横暴の塊。
 私が8歳の時にこの娘はギセイシャー侯爵家にやってきましたが、その時から野生の権化のような存在でした。そして、甘やかす側に残念親父が増えたこともあってか、見事な畜生に育ちました。
 本当に、どこに出しても恥ずかしい存在です。


「何をしているんだい?」


 聞き覚えのある声をかけられて渋々そちらを向くと、思ったとおりの人物がそこにいました。