私とチルチルはそれはもう仲睦まじい夫婦になりました。

 なのであっという間にチルチル念願の子供ができて、既に4人います。
 5歳の長女に、3歳の双子の長男と二男、あとは私のお腹の中にいる赤ちゃんです。

「可愛い。目に入れても痛くない。可愛い。ほら可愛い」
「もう、毎日言ってるわ」
「毎日言っても言い足りない。はー可愛い……」
「お父さま、くるしいからやだ」

 チルチルは子煩悩で、毎日子ども達を捕まえてはぎゅうぎゅう抱きしめるので、子ども達に嫌がられているのです。
 しょんぼりしているチルチルを慰めるのは、妻の仕事です。
 こんなふうに過ごすことができて、毎日幸せでいっぱいです。

「お母しゃま! わたくしアクヤクレイジョウなのー!」

 ちょっと心配なのは、最近長女のイライザが、流行りの幼児病にかかったことでしょうか。

 ナイトリー王国で流行っている病で、幼児の時に、「ニホンからきたテンセイシャなのー」「アクヤクレイジョウだからハメツするのよー!」と言い出す病なのです。大人になってから話題に出すと、全員顔を赤くしてベッドの上で転げ回ることから、転がり病とも言われています。

「ニホンのね、ジョシコーセだったの!」
「そう、イリーは凄いのねぇ」
「アクヤクレイジョウだから、オウジサマにコンヤクハキしゃれちゃうの! お母さま、わたくしオウジサマとコンヤクしたくない!」
「そうねー、王子様は嫌よねぇ。お母様も本当に嫌だったから、婚約の話はきているけれども断っちゃいましょうねー」

 お腹を撫でながらふわふわと答えていると、舌ったらずな口調で必死に喋っていた長女が、宇宙を見たような顔をして固まっています。

「お母しゃまもオウジサマとコンニャクしてたの?」
「婚約ね。そうねえ、一人は婚約していたし、もう一人は婚約者候補だったわね。卒業パーティーで婚約破棄を突きつけられたり、大変だったわねぇ」
「ふぁっ!?」

 懐かしい話に、あの頃の自分の余裕のなさを思い出して、私はふふっと微笑みます。

「お、お母しゃま! その話、もうちょっと詳しく」
「ふふ、イリーが大人になったらね〜」
「お母しゃまぁ!?」

 青い髪に水色の瞳のお人形みたいな長女は、私の周りを必死に跳ねて、話の続きを催促しています。
 そんな可愛い彼女も、きっと大人になったらベッドの上を転がり回るのでしょうね。

「どうしたの、キャロル」
「チルチル。いえ、懐かしい話をしていたのよ」
「うん? ミチル爺ちゃんのこととか?」
「惜しい、ちょっと違うのよねー」

 チルチルは、「チルチルとミチル……?」「青い……え? え?」と呟く長女をひょいと抱き上げて高い高いします。

 きゃっきゃと喜ぶ長女は、もう先ほどまでの話は忘れたのか、「おやつがあるんだぞー、パパのお手製だ!」というチルチルに促されて、目を輝かせながら庭のカフェテーブルに向かって行きました。テーブルでは、二男のトビーが待っているようです。

 そんな三人を眺めていると、後ろから可愛いお手手に手を引かれました。
 長男のトムです。

「お母ちゃま、お母ちゃま」
「どうしたの、トム」
「ぼくもね、テンセイシャなの。ニホンのダンシコーセで、今はチートでせかいを救うユウシャなんだ!」
「そうなの、楽しいわねぇ」
「ぼくはシンケンなんだ!」
「そうね、そうよねぇ。大変なことよねぇ」

 そういえばこの間、二男のトビーもそんなことを言っていましたね。
 確か、「ニホンのショクブンカをユニュウするんだ!」と言いながら、なぜか卵を必死にかき混ぜていましたが、3歳児の力で攪拌し続けることができる訳もなく、腕が痛いとわんわん泣いていました。可愛いわぁ。

「すごいのね。お母様がちゃんとトムを支えるから、頑張って世界を救ってね」
「うん! お母ちゃまをヒロインにしてあげる! 大きくなったらお母ちゃまとケッコンするんだ!」
「あらあら、ありがとう」

 可愛いことを言う長男の手を弾きながら、私もカフェテーブルに向かいます。

 そうして、私達は家族で、賑やかなおやつタイムを楽しんだのです。

この作品のキーワード
異世界恋愛  婚約破棄  浮気  冷遇  お嬢と従者  君を愛することはない  異世界  溺愛  ざまぁ  異世界