「リュウセイはどこだい?」

数日後、相馬総合病院で受付業務をしていると、金髪碧眼の男性に問いかけられた。

三十代くらいだろうか。とても体格がよく、野性的な雰囲気の人だ。

「ご面会ですか?」

彼が流暢な日本語を話していたので、私も日本語で問いかけた。

診療を希望している様子ではないし、リュウセイという名前の家族が病棟に入院しているのだろうか。

それにしても、なんだかこの状況にものすごく既視感がある。

「ここにリュウセイ ソウマというドクターがいるだろう? アメリカからアシェルが会いに来たと伝えてもらえればわかるよ」

やっぱり隆成さんの知り合いのようだ。

院内携帯を鳴らそうとしたとき、偶然にも受付ロビーの一角に隆成さんの姿を見つける。

「あ、副院長」

「リュウセイ、マイダーリン!」

案内するまでもなく、アシェルさんが彼のほうに向かっていった。

マイダーリン?

「アシェル?」

アシェルさんにがっちりと抱きつかれた隆成さんは、目を見開いた。