たしかに相当免疫力がついているのかもしれないけれど、どうしても昔の記憶が甦ってしまうのだ。同じ轍は踏みたくなかった。

「でも……」

「子どもの頃とは違う。証明してやろうか?」

上体を屈めた隆成さんがシーツに手をつき、顔を近づけてきた。

ちゅっと音を立てて唇を啄まれ、私は目を見開く。

「なにするんですかっ」

キスするなんてありえない。

「これで俺が風邪をひくかどうか、楽しみだな」

強気で微笑む彼を、迫力のない目で睨み上げる。

「隆成さんはばかです」

「俺にはおまえの『ばか』が愛の言葉に聞こえるよ」

「……本当にばかです」

消え入りそうな声で繰り返すと、彼は愛おしそうに頬を緩める。

「仕事に行ってくる。おとなしく寝てろよ」

「……はい」

彼が出勤しても、胸のドキドキが止まらなかった。

これは絶対に熱のせいじゃない。


結論。

隆成さんに私の風邪はうつらなかった。

翌日、勝ち誇る彼に少し呆れたのは言うまでもない。本当にこういうところはいつまでも子どもっぽい人だ。

私もすぐに熱が下がり、元気になった。