教室を出ると、慎介くんがいつものように待っていてくれた。

「凛」

彼は私を呼ぶと、微笑んだ。

「慎介くん、今日は帰る前に少しだけ……お話がしたいんだ」

「うん、俺も伝えたいことがある」

以前に彼と話した言葉を思い出す。

『ねぇ、五十嵐くんはなんでそんなに私に優しくしてくれるの?』
『……それは、卒業のときにでも言うよ』

その答えを、今日話してくれるのかもしれない。

私達が中学校の近くの桜並木まで歩いた。
まるで桜のトンネルのなかにいるようだ。

「ちょうど今日が満開だな」

「こんな桜が見れるなんて、思いもしなかった」

柔らかな風が吹いて、ひらひらと花びらが舞い落ちていく。

桜をゆっくり見たい人のためだろうか。木製のベンチが道沿いに設置されている。
「少し座ろうか」と慎介くんが言ってくれた。
彼はベンチについた砂利を手で払って「どうぞ」と言う。

「慎介くん、やさしすぎ」

「凛にだけだよ」

彼は、どこまで私のことをときめかせたら気が済むのだろう。


「今日、凛に話したいことがあるんだ」

彼はこほんと咳をひとつして、深呼吸をする。

「初めて会った日のこと、覚えてる?」

「うん。慎介くんが指を怪我して保健室にきたときのことだよね」

「あのときさ、すごく嬉しかったんだ」

「え、でも怪我してる人を助けるのは当たり前のことで……」

「ううん、それってなかなかできないんだよ。転校してきてさ、ヤンキーだと勘違いされてたし。先生もクラスメイトも俺を腫れ物扱いしてた。たまに話しかけてくる子もいたけど、なんか下心が透けて見えてさ、俺って独りぼっちだなぁ……なんてちょっとまいってたんだよ。そんなとき、凛が心から俺を心配して、優しくしてくれたのが、本当に嬉しくって」

慎介くんが懐かしむように、怪我をしていた指を見つめた。

「前に親が離婚したって話したよな? 父さんさ、残業多いから帰ってもひとりなんだよ。だけどあの日、凛が巻いてくれた包帯を見ると、不思議と寂しくなかったんだ。俺のことを心配してくれる人もいるんだって、なんだか心があたたかくなった。包帯が絆創膏になっても、絆創膏が外れても、俺のなかには凛がずっといるようになったんだよ」

慎介くんがそんな風に思ってくれていたなんて。

「私も、嬉しかったんだよ。独りぼっちだと思ってた世界に、慎介くんが会いに来てくれるようになって……その……」

うまく言葉が出てこなくてもどかしい。こんなにも伝えたいことが溢れているのに、言葉にならない。

「ありがとう」

慎介くんはそう言うと、ベンチから立ち上がって、私の前に立った。

「俺、凛のことが好きだ。凛が卒業しても、ずっと一緒にいたい」

彼は学生服の第二ボタンを外すと、それを差し出す。


「俺と、付き合ってくれませんか?」


彼の耳は桜のように色づいている。

私はそれを受け取る。
ボタンには桜が刻印されていて、こんなところにも桜が咲いていたんだと気づかされた。

「私も、慎介くんのことが大好きです。卒業しても、その先もずっと……私と一緒にいてください」


私は自分の名札を外す。


【星野 凛】の名札を、彼の手に乗せた。

「凛……」

彼はそっと、私を抱き寄せた。


桜のような、陽だまりのような、彼のやさしい香りに包まれる。

あの金平糖のビンみたいに、今この瞬間を閉じ込めたいと思った。

とても幸せで、甘くて、愛おしいこのときを。

この作品のキーワード
恋愛  学園  中学校  不良  ヤンキー  イジメ  青春  ベタ惚れ