俺達3人から始まったKOKUDO。
俺は初代総長となった。
最初は本当に遊び気分だった。



3人で夜の街をバイクで走り抜け、他の暴走族とかが喧嘩を売ってきたら即喧嘩をする。



來翔も滉大もとても喧嘩が強かった。
俺は父親に格闘術やら柔道、空手、合気道とヤクザの組長を継ぐ跡取りとして育てられていたから、喧嘩の腕は上等だった。



やがて、俺達のKOKUDOは3人だけじゃなくて、黒堂に通うほぼ全員の不良が入ってきた。
その数300人以上。



それは昔も今も変わらない。俺は大人になった今も、この暴走族の総長をしている。
それは來翔も滉大も一緒だ。



大人になった今も、大学に通いながら暴走族の副総長、一番隊隊長として俺の傍にいてくれている。



『おい、裕翔。今度俺達3人だけでバイク鳴らそうぜ。いっつも大勢だしよ』



滉大の提案で、俺達は3人だけでバイクを鳴らすことにした。



風が頬を素早く駆け抜ける。
夜の街が妖しく光る中、俺達は最高速度で走り抜ける。キラキラと綺麗な夜の街から遠ざかり、俺達が向かう場所は決まっていた。



あの子と俺が出会った場所。
毎日2人で遊んだ場所。



『前から思ってたけどさぁ、こんなに星が綺麗に見える公園どうやって見つけたん?』