姉と会った日以来、私は勉強により一層力を注いでいる。

奈都の家庭教師も辞めて、母の言われた通り新しい塾にも通っている。

成績トップでいなくては、母に見放されてしまう。

私がお姉ちゃんの代わりになるって自分で決めたんだ。

投げ出すことは許されない。

それにお姉ちゃんの自由を邪魔してはいけない。

お姉ちゃんの人生にもうお母さんは要らない。

呪われているかのように、綺月は血豆が出来るほどペンを動かした。

母の支配に飲み込まれれば飲み込まれるほど、私には自由が無くなった。

どうしようも無い不安と恐怖で夜中に目が覚める。

ご飯は倒れないための最低限の食事で、いつしか味がしなくなった。

自分でも分かる。

もう身体が限界だということに。

眠りたい、でも眠れない。

食べたい、でも食べられない。

お姉ちゃん、助けて…