もう季節はすっかり夏真っ只中で、毎日太陽が元気に仕事をしていた。

綺月がカオルの家に住み始めてからあっという間に二ヶ月が経った。

母からの連絡も未だ来ておらず、どうしてるのか心配だと一度本音を漏らすと、カオルは「子供を大事にしない親なんてほっとけ」と言われた。

母は綺月と美月を散々苦しめたけど、未だ学校からも何も言われないということは、学費はいつも通り払ってくれていることになる。

そのうち学校にも行けなくなるだろうと覚悟はしていたのに、一体母は何を考えているのだろう。


「綺月、弁当忘れてんぞ」


そんなことを考えていると、大事な弁当を忘れそうになる。


「あー忘れてた、ありがとう」


カオルは珍しくバイトが休みで、朝から優雅にコーヒーを飲んでいた。

いってきますと挨拶をして、綺月は奈都と一緒に家を出た。