空川さんは5時に起き、『また後で』と帰って行った。


「・・・・というわけで、今日から着任だ。じゃあ空川本部長、ひと言挨拶を」


常務の紹介で、空川さんが本部長着任の挨拶をする。


スーツ姿の彼を見るのは初めてではなかったけれど、なんだか艶っぽく思えて頬が熱くなった。

私の特別な人・・・・。


空川さんの挨拶をまともに聞いているのは管理職ばかりで、一般社員のヒソヒソ声が私の耳にも入った。


『ヤバくない? スペック高すぎ!』
『本部長のアシスタントになりたい!』

『あんなのに来られたら、仕事やりづらいな』
『本当だよ。女性陣、絶対にあっち優先だろ』



常務がゴホンと咳払いし、場を落ち着かせる。


「もうひとり、人材開発1課長も本日付けで着任したから、みんなよろしく」


え? あれ・・は・・・・。


ザワザワとメンバーが解散し始めた頃、その『もうひとり』が私に近付いてくる。


「美月」


私を呼ぶ声に、空川さんが井川に視線を移したのが、私の視界にも入った。


「井川くん・・久しぶりだね」

「あぁ、まさかこんなところで美月に会うとは」

「なんだ、ふたりは知り合いか?」

「常務、永田さんとは同期なんです」

「そうなのか、じゃあ来週の出張も仲良く頼むよ」


常務は、空川さんと役員室に戻って行く。

空川さんは私に一度視線を向けたものの、そのまま常務の後を追った。