その女は、言動全てが魔王の想像の斜め上をいってくれていた。

「私はモノじゃない」

 今にも泣き出しそうな表情をした理子は、魔王の指を払い除ける。

「私は人でモノじゃない。魔王様が私の交友関係に口出す権利は無いし、今日は職場の人達とご飯を食べに行っただけなのに何なんですか!」
「……我は異界に住まうリコの生活を縛る気は、今は無い。だが、色欲を持つ男がリコに触れるのは気に食わん。次、残り香を移されて我の傍へ来たらお前といえども赦せぬ」

 指を払い除け怒りの感情をぶつけてくるくせに、何故、泣き出しそうな表情になっているのか。
 泣かせるつもりも無く、理子を傷付けた理由が解らずに、魔王はじっと彼女を見下ろした。

「お、男の人に触れられちゃ駄目だなんて、無理でしょ。もし私に恋人が出来たら魔王様に消されちゃうの?」
「恋人、だと?」

 思ってもみなかった言葉に、魔王の体の内側から冷たくどす黒い感情吹き出し広がっていく。
 恋人と成りうるのは、理子の体に色欲の念を残した男か。

「う、私だって、今、気になる人くらいいるし、いつかは恋人ができて結婚して子どもを生みたいもの。育児と仕事を両立して暮らすのが夢だもの」

 “人”らしい夢。だがそれは魔王にとって戯言にしか聞こえない。

(そんなにも我を怒らせたいのなら、叶えてやろうか)

 人の身には耐え難いだろうと、魔王なりに理子を気遣い抑えていた魔力を解き放つ。

「つっ、魔王様」

 魔力を感じ取った理子は、恐怖に顔を歪めて一歩後退った。

「お前に手を出す男がいたら……男は即殺してやる。お前は逃げられぬよう、鎖で繋いで檻にでも入れてやろうか」

 他の男に微笑みかけ、触れさせるなどと、赦さない。
 今更、傍から離れるなどと赦せない。
 傍に置いても魅了に屈しない、貴重で面白く気を許せる女を逃しはしない。

 言の葉に乗せると、形を成して沸き上がってくる己の感情の名が理解出来る。
 以前は下らないと、一笑に伏していた感情だった。

 理子を雁字搦めに縛りつけて支配したい。
 ドロドロに甘やかして、依存させて、離れられないように溺れさせ、堕落させてしまいたい、欲望。
 逃げるのなら閉じ込めてやろうか、鎖で繋いでおくのもいい。
 手枷を着け、鎖で繋いで、美しく着飾らせて、ドレスを淫らに乱す理子を想像するだけで……愉しくてたまらない。
 怒りで煌めく黒曜石の瞳は、その身を蹂躙され淫楽に堕とされたら、どんな色に染まるのか。

 久方ぶりに高揚している己を自覚して、魔王は嗤った。



「う~魔王様の鬼畜! 変態! 縛らないって言ったのに思いっきり縛っているでしょっ! 魔王様なんか嫌い!」

 バリンッ!

 理子の叫びと共に、青白い光を灯していた燭台が弾け飛ぶ。

 変容させるためにと、魔王が与えた魔力が溢れ出す。
 気が逸れていたせいで、溢れた魔力を抑えるのが一瞬遅くなった。

 魔力によって結界が揺らぎ室内の空気が渦を巻きだすが、タガが外れてしまった理子の感情の波は止まらない。

「男の人の残り香が嫌なら私を喚ばなきゃよかったのにっ! 私を抱き枕なんかしなきゃいいのに! なんでっなんでっ!」

 言い終わらないうちに、理子は胸を押さえて前屈みになる。

「な、に、これ……」
「我とリコの感情の高ぶりに反応したか」

 室内に散る魔力の破片を霧散させ、足元がふらつく理子の肩を抱いた。
 感情が鎮まれば、燐光のように散る魔力は理子の体へと吸い込まれていく。

 元は魔王の魔力だったものは、理子の生命力と結び付いて彼女のものと化していた。
 思った以上の早さで魔力が理子の体に馴染んでいる。
 
 予想以上の出来に、知らず魔王の唇は笑みを形取っていた。