人を愛するというのはどういうことか。
愛は本当に存在するのか?
仮に存在したとして、それは幸せななことなのだろうか。

物語の結末は──ひとつとは限らないのだ。


──────────────────────
ひと言感想でも頂けると励みになりますm(_ _)m
──────────────────────

あらすじ

 男爵のハルク、平民のキャサリン、そして子爵令嬢のアリスによる恋愛物語。
 キャサリンがハルクに婚約破棄され失意のどん底に落ちてると、容姿と声がそっくりなアリスと出会う。事情を聞いたアリスは、お互いの立場入れ替わろうと申し出る。
 キャサリンはアリスとして第二の人生を歩み始め、それと同時に自分をどん底へ落としたハルクへの復讐を決意する。

 今まさに、愛のデスゲームが始まろうとしていた。

この作品のキーワード
悪役令嬢  婚約破棄  復讐  異世界恋愛  奪い愛  身分差  恋愛ゲーム  ライト文芸  恋愛  入れ替わり