★★☆☆☆
もっと心を
これはPCで自動作成した小説でしょうか?
作者が書きたかったのは人間でもストーリーでもなく、単なる言葉
そんな印象を受けました

登場人物に何の心も感じないのです
まるで子供が見よう見真似で描いた抽象画のような…

縄師、濡れ場、凄惨シーン
それぞれに必然性が無く、独立した材料をただ使ってみたかった……そんな気がしました

また随所に見られる凝った描写や比喩も、純文学を意識されているのかもしれませんが、私には的外れに感じます

偉そうな指摘だとは思いますが、もっと的確な言葉で本当に書きたい物を、タイトな文章で『心をこめて』書くべきだと思います

小説は絵画ではありませんから
不破 和泉
09/05/19 23:10

>>新着レビュー一覧へ