あなたを好きすぎて
もう離してあげられない

この作品のキーワード
言葉の添え木