青い瞳にキラキラの髪の色をした男の子。


怖いって言われてるけど、
それはあたしが知らないだけじゃない?


宝条小夏、中学2年生。

ひときわ目立つ相沢悠くんを知る。


知れば知るほど、大きくなっていく。

この気持ち…
初めてだけど、わかってる。

知らないなんて思えない。



あたし、悠のことが好き。



ねぇ、神様。

あたしの恋叶えてもらえますか?


その時、あたしはまだ知らなかったんだ。


その青い瞳もキラキラの髪の髪色も、本当の意味を。



「…嫌いなんだよ、何もかも」



あの時、神様に願ったんだ。



「お前の事なんか好きじゃねぇーから!」



もしこの世に神様がいるのなら。

どうか、神様―…

あらすじ

中学2年生になった小夏は学校でも有名な問題児・相沢悠と同じクラスになる。青い瞳(カラコン)にキラキラの髪色(金髪に染めてる)は誰より目を引いて、先生たちにもクラスメイトにも怖い先輩たちにも目を付けられてる…そんな悠に少しだけ興味を持った小夏。本当はその青い瞳もキラキラの髪色にも理由があって…!?

この作品のキーワード
中学生  恋愛  ピュア  不良  金髪  片想い