しんしんと、静かに雪の降る日は、彼が来る。
中身のない会話をして、意図のわからない行動を眺めて。
ただそれだけのままでいるのは、わからない、からだ。

目次

この作品のキーワード
一人称    掌編