ケイレブの愛する
ユリア・フェンネルは、
魔女のレリアの替え玉として
一月後にサリナス殿下と、
婚姻の儀をあげる。

ユリアはその準備と、
レリアのお妃教育で、
忙しい毎日を過ごしていた。

ケイレブは複雑な気分を、
もてあましていた。

ユリアとの関係
それも、共同経営者としての立場が優先で
その先に進むことが、
できていない
本当の恋人の関係ではないのだ

ユリアとの確実な愛を、実感したい
ケイレブは、もんもんとしていた

そのケイレブの悩む姿を見て、
レリアが、
例の緑の小瓶を、ケイレブに渡した

さて、押し倒す純愛は成立するのか
問題です。

あらすじ

このお話は「わがままな純愛・ケイレブとユリア」の続編であり
魔法の恋の行方6「魔女の初恋」のスピンオフのお話でもあります。
一連のシリーズになっておりますので
順番としては、時系列で
「わがままな純愛」
「溺愛の形」
「魔法の恋の行方6 魔女の初恋」
「魔女のガールズトーク」
になります。

この作品のキーワード
魔女の恋愛観  魔女の媚薬  大人の恋愛観  いちゃいちゃ  押し倒す愛