「必ず君を僕のものにするからね、苺チョコちゃん?」

そう言って私の手を取る男は一ヶ月ほど前、派手に転けて眼鏡を壊した私を助けてくれた人だった。

しかしながら相手は、いまをときめくトップモデル。
そして私は社内一の地味女。
月とすっぽんくらい差がある。

さらに私は袴田課長とセフレ関係で、それは彼が結婚してからも続いていた。

なのに彼は強引に、私を振り回す。
あの、ブラックダイヤモンドのような、蠱惑的な瞳で私を見つめて。

「……ねえ。
僕のお願い、聞いてくれるよね……?」


石野蝶子(27)

ルーナ化粧品
商品企画室デザイン担当

小柄。
カーテンのように分厚い前髪と大きめ眼鏡。
化粧品会社社員だけどおしゃれにはほど遠い。

目立つの嫌い。
でも思ったことははっきり言う。
責任感が強い。

×

神月伶桜(29)

いまをときめく、トップモデル。
もうすぐ30など思わせない、美しさ。
中性的、というよりも次元が違う。

一見、爽やか王子様。
その実態は、腹黒魔王様。

極度の執着体質。
気に入ったものは一生、手放さない。


魔王様のお気に入りの人形と化した私に、明日はあるのか……!?

******
表紙 月の歯車様(pixivID:7823032)画像にタイトル入れ

この作品のキーワード
大人の恋  眼鏡男子  モデル  社内不倫  オフィスラブ  モラハラ  束縛