一目惚れだった
彼女が笑って側にいてくれたら
それだけで良かった
 彼女の本当の気持ちを知ったのは
あまりに遅すぎた。

俺は、ずっと思っていた。

願意が叶うなら、せめて、
彼女がこの世を去る時、
俺が1番近くに居たい
どんなに、歳を取っていても
彼女の目に最後に映るのは
俺。

あらすじ

 一目惚れした、キキ
彼女は高嶺の花だった
だから、側にいられたらそれでよかった。
花束を送り言葉に出来ない気持ちを
花言葉に託した…彼女は気づいていた
なのに、
彼女の本当の気持ちを知ったのは
あまりに遅かった。
俺は人生の大きなミスをした。
取り戻したかった。

妻が、全てを知っていたなんて、

この作品のキーワード
#一目惚れ  #すれ違い  #花束  #花言葉  #不倫  #ウソ  #高校生  #ミサンガ  #キス  #プラトニック