もみじで有名な老舗旅館
初代、二代目は美貌の女将で
有名だった。
三代目は美貌とは縁遠く、
旅館を継ぐ意思もない
しかもアラフォー世代で、
おひとり様覚悟

その三代目こと、
三角天音(みすみあまね)は、
旅館を売却しようと考えていた。
しかも、その旅館は、
座敷童がいたといういわくつき。

その買い手として、現れたのが
高原久遠(たかはらくおん)

彼はホテル王の御曹司だったが
かなりの変人で・・・
天音より5個年下で、
セフレがいる

さて、さて、天音の対応に・・・
久遠は「加齢臭」とささやくが






あらすじ

魔法のお話を書こうと思ったら、違う展開になりました。
楽しく読んでいただければ、幸いです。
ダルシマーの音は、とてもきれいです。
ご興味があれば、聞いてみてください。癒し系です。

この作品のキーワード
加齢臭  もみじと紅葉  座敷童伝説  天の音  老舗旅館  土地の守り手  三代目女将