図書館司書として働く高野星香は、ミモザの花を見ると、いつも思い出す人がいる。
大学生時代、図書館の隣の席で本を読み合っていた『彼』の事を。

『ミモザの君』と、名付け、恋心とも友人ともつかぬ気持ちを抱くようになっていた矢先、『ミモザの君』は、何も言わずに、星香の前から姿を消してしまう。あるメッセージを残して。

そして、思わぬ形で、星香は、『彼』と再会することに。

本の世界を舞台にした、大人の純愛ストーリー。

あらすじ

昔の恋を思いだす星香の前に、意外な形で、彼が現れて──。




「忘れさせ屋のドロップス」
連載中、遊野煌さんとの
リレー小説です♪

目次

この作品のキーワード
泣ける  大人の恋  純愛  友達以上恋人未満  両片思い  すれ違い  留学  再会  リレー小説  別れ