「まずは……手を繋いでもいいだろうか?」

マリネット・ザカリー侯爵令嬢は、
社交界にも姿を現さない引きこもりのインテリ派。
安定したおひとりさま老後を送ることが目標!

日々の努力が実り、マリネットは
若き国王陛下(5歳)の教育係に大抜擢される。

しかし、同じく国王陛下に仕える護衛騎士は、
犬猿の仲ヴェルナー家のラルフ・ヴェルナーだった。

毎日ケンカばかりのマリネットとラルフに、
若き国王陛下は悶絶級の可愛さで言った。

「ケンカしたらダメでしょ! 仲良くしてくだちゃい!」

国王陛下が可愛すぎて二人は陛下の命令を断れない。
でも、マリネットにはラルフと仲良くできない事情があった。

犬猿の仲のマリネットとラルフは、
王様の命令どおり仲良くできるのか?


※他サイトにも投稿しています

あらすじ

過去のトラウマからおひとりさまで生きていくことを決意していた主人公が、国王陛下の無邪気なお願いをきっかけに、人を愛することを思い出して、護衛騎士に溺愛されるようになるストーリーです。

目次

この作品のキーワード
異世界恋愛  令嬢  騎士  ハッピーエンド  一途な恋愛  ラブコメ  恋愛ファンタジー