「君を愛するつもりはない」

伯爵令嬢リゼット・ヴァレリーは
父や妹から疎まれ、
使用人同然の生活を送っていた。

ある時、妹のソフィの身代わりとして、
女癖の悪さで有名な
リカルド・シャゼル辺境伯に
嫁ぐことになってしまう。

結婚式にすら現れなかった
リカルドから初夜の晩に

「君を愛するつもりはない……今のところは」

と言われてショックを受けるリゼット。

……あれ?
ちょっと待って。

「今のところは」ってどういう意味?
それにこの人、なんだか挙動不審。
私に何か隠してるんじゃないの?

※他サイトにも掲載しております

あらすじ

※表紙はかんたん表紙メーカー、画像はCANVAよりお借りしました

目次

この作品のキーワード
異世界恋愛  じれじれ  身代わり花嫁  愛されない  不遇ヒロイン  令嬢