世界が優しいことを教えてくれたのは君だ。
 生きたいという本音を引き出してくれたのは君だ。
 弱さも脆さも痛みも全て受け止めてくれたのは君だ。
 ……全部、君だ。君だけだった。

 だから、約束したんだ。

 何度生まれ変わっても、
 どんな姿形になっても、
 この世でたったひとりの、君を見つけると。


※2022年9月25日単行本にて発売決定。
 こちらは加筆修正前の原稿になりますのでご了承ください。
※表紙イラスト/ノーコピライトガール様

あらすじ

何度生まれ変わっても君を見つける――。生きる意味を見出せずにいた粋は、十七歳で余命宣告をされる。自棄になり、同級生の気怠い空気感の男子・八雲に余命を打ち明けると、彼は「大丈夫。人はいつか生まれ変われるから」と言ってきた。なんと彼は、前世の記憶を消せないまま、生まれ変わり続けているらしい。さらに、記憶を断ち切るために必要な〝未練〟を理解するため、粋がやり残したことを一緒に消化したいと言ってきて…。

この作品のキーワード
生まれ変わり  高校生  余命  青春恋愛