舞月乃愛は、冴えないおデブな短大生。中学からずっと女子校だったため、男性に対する免疫力がない。
乃愛は海で溺れ、異世界の聖女ノアナと中身が入れ替わってしまった。

乃愛は、トリンデーグ王国の聖女ノアナとして生きていく決意をする。二十歳になった聖女は夫と繁栄の契を交わして、国を繁栄させなければならない。
聖女は好きなだけ夫を持てる。もふもふ従者ルノディーから「夫を百人持っちゃいましょう」とけしかけられるが、無理!
夫は一人でいいと譲らない乃愛に、大神官は厳選した七人を夫候補とした。

①真面目すぎる、ミカノエル第一王子。
②チャラ男、ユリノエル第二王子。
③宰相の息子でドS、アルサム。
④騎士団長の息子で脳筋、ユンファ。
⑤大富豪で爽やか腹黒、トルティ。
⑥農民でいい人、セーマン。
⑦魔術師で勘違い男、パンナコシル。

七人の男性はイケメン揃いだが、誰もが性格に難あり。
一人に決められない乃愛。焦れた男たちは押したもん勝ちとばかりに、甘い台詞、豪華な贈り物、肉体的接触、精神的支配、媚薬、惚れ薬、男同士の決闘など、あらゆる手を使って聖女のハートを射止めようとする。加速する愛情表現に、乃愛は困惑するばかり。

乃愛は、親身に相談に乗ってくれるもふもふ従者ルノディーのことを好きになってしまう。
ルノディーを夫に望むも、獣族は地位が低く、聖女の番にはなれないと拒否されてしまう。
ルノディーは乃愛の前から姿を消してしまった。

泣いてばかりいても、物事は明るいほうに向かっていかない。乃愛はしたたかに生きる決心をする。
乃愛とノアナの中身を交換した西の魔女を脅して、教典を書き換えさせた。
『一、聖女は種族に関係なく、自由に夫を選べる。
二、獣族は能力の高さ故に、人間と同等の地位を与える』

こうして乃愛は、ルノディーを夫に迎えることができた。
繁栄の契が行われる夜。ルノディーは「聖女様。骨の髄まで愛してあげますよ」と生涯変わらぬ愛を誓ったのだった。

あらすじ

自由な生き方をしたいと願う、聖女ノアナ。西の魔女に頼んで、地球に住む舞月乃愛と精神を交換した。

乃愛は、異世界の聖女ノアナとなり大混乱。おまけに繁栄の契(初夜)を結ぶための夫を決めなければならない。
だが七人の夫候補は外見はイケメンだが、性格に問題のある者ばかり。
しかも乃愛が恋に落ちたのは七人の夫候補ではなく、従者のルノディーだった。

逆ハーレムなドタバタラブコメディ。

この作品のキーワード
プロット  異世界転移  聖女  中身が入れ替わった  逆ハーレム  夫を選び放題  倫理観の強い主人公  ラブコメディ  イケメン揃い  加速する溺愛