それは、愛だったのか。

それは、憎しみだったのか。

離れても、忘れようとしても、あの人の面影が消えることはなかった。





 ☆ 『ズルい男に愛されたら、契約結婚が始まりました』と、一部登場人物がリンクしています。

あらすじ


祐奈はありったけの勇気を振り絞って母の昔の恋人に会いに行った。

「母と一度だけ会っていただけませんか?」

病に倒れた母にとって、最後の願いになるかもしれない。
だから祐奈は、母のためならなんでもすると決めたのだ。

その選択が祐奈の人生に暗い影を落としてしまうとは、思いもしなかった。

この作品のキーワード
すれ違い  愛人  誤解  再会  切ない