「ごめんなさい、ごめんなさい」


私は彼の前で内側に膝を折り

床にぺったりと座って

おでこを床に着けるような勢いで

何度も謝った


この方が正座して謝るよりも

可愛く見える

少なくても可哀相に

見えるはずだ




何の根拠もなく

私はそう思った