秋雨が車のフロントガラスを叩いている。

あたしは憂うつな気分で車のハンドルを握っていた。

時計の文字は夜の8時を告げている。

湖畔の一本道といっても辺りは闇に包まれているから自然と運転は慎重になる。

でもあたしの気を滅入らせているのは雨と闇のせいじゃない。それだけは断言できる。

この作品のキーワード
ミステリー  本格  コンビ  推理  推理小説 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。