現場には何台ものパトカーが停まっていた。

赤色灯とライトがあたりを照らし、まるで昼間のようだった。

清水氏の遺体は、先ほど救急車で運び出された。

「立ち入り禁止」と書かれた黄色いテープの中では何人もの捜査員が動き回っている。

時おり、所轄の婦人警官に両脇を抱えられた永田恵理の姿が見えた。

この作品のキーワード
ミステリー  本格  コンビ  推理  推理小説 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。