十一月某日。

作家機能をある程度
理解したわたくし
多上洋介は

さーてどのジャンルで
作品を書こうかしらと
思案していた。

しかし一向に
決まらないので
気晴らしに行きつけの
本屋へ行った。

すると新刊コーナーで
東野圭吾さんの
ガリレオシリーズを
手にした数名の
女子高生たちが

「どうしよう欲しい!」

「買っちゃおうか!?」

と騒いでいた。

私はその後ろを

『新刊は高いから文庫になるまで待ちなさいよ』

と思いながら
通り過ぎた。

そんなこんなで
十年ぐらい前に書いた
ものを焼き直したのが
この作品です(意味不明)

いやしかしイイ時代に
なったもんだ。

自分の書いた小説を
無料で全国の人に
読んでもらえるなんて。

十年前なら
考えられない。

ないアタマしぼって
ミステリー書く甲斐が
あるってもんです。



斬新なトリックは
ありませんが
努力はしてます。

あたたかい目で見て、
なおかつ楽しんで
頂ければ幸いです。

ここまで読んでくれた
貴方、本当にありがとうございました。

作者より。

この作品のキーワード
ミステリー  本格  コンビ  推理  推理小説 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。