――昭陽舎から帰ってきた道のりも、覚えてはおりません。

東宮様は、下腹部が痛む私を最後まで案じてくださっていました。


―まだ、離れるに忍びない…


迎えの女房にそう呟かれるのを聞いた時、私は思わず涙が零れました。


私も、まだお側にいたい。

…しかしそんな事を言えば軽々しい女と思われるかもしれない。


そう思い、私は東宮様のお顔を見ずに部屋を出ました。

…お顔を見れば、泣いてしまってご心配をおかけするでしょうから…



この作品のキーワード
平安        切ない