今日は、待ちに待った入内の日。

裳着を済ませればすぐに結婚が決まる風習の中で、何年も独身なのは…やはり寂しゅうございました。

今、私は豪奢な牛車の中におります。

車の外には数え切れないくらいの人々が徒歩や牛車で従っていて、私について内裏に参ります。

この華やかさが、我が右大臣家の栄華を表すのです。



この作品のキーワード
平安        切ない