――あれは幻聴だったのかな……。


 日がたつにつれて、そんな気がしてきた。


――実際に猫がしゃべるのを見たわけじゃないし……。


 ……でも、他に誰もいなかった。


 もともとミステリアスな物を好んでいたカイ。そして、彼自身もまた、神秘的な存在。けれど、聞いてしまった会話はどこか不気味で、それ以来、何となくゴーストアパートに足が向かなくなった。

この作品のキーワード
ミステリアス  外科医  中世  輪廻転生    移植  ハロウィン  誘拐  魔女狩り  悪魔 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。