「今日の講義はここまで!お疲れ様でした。」


教授のこの一声を待っていたかのように、皆教室から足早に出ていく


「愛歌ー!今日、サークル顔出すでしょ?」


「うん・・・。」


「顔色悪いけど、大丈夫?今日はやめとく?」


「いや。大丈夫!いこっ!」


どんな顔をして会えばいいのか、戸惑ってしまう


サークル、やめてしまおうかとも考えた


だけど、やめるためのうまい言い訳も思いうかばず・・・


本音を言えば、未練がましいけど、サークルという形でも和哉との繋がりがほしかったのだ