私と一也がいつも待ち合わせするお店は決まってる。

帰りに会う日は、わざわざ指定しなくていいように、
会社の人に見つからない場所でってことで。


不倫カップルでもあるまいしなんでって感じ?



一人コーヒーを飲みながら一也を待つ。


同じ会社で働いてるんだから会社から一緒ってゆーのが理想。

でもしょうがないって思ってる。諦め?


今日はどうしてあんなこと思っちゃったんだろう?


一也に・・・騙されてる・・・なんて・・・。


それは私のどこか本音・・・?



書庫で一也は、高槻さんのこと何も聞かなかった。

それは信じてくれてるからあえて聞かなかったってこと?


でも・・・怒ったり、嫉妬したり、その方が安心かもしれない。



今日の誘いだって・・・

私の方が、一也を信じられなくなってきてるみたい。





このままでいいの?



高槻さんが現れてから自分の中で曖昧にしてた一也との関係を考えてる。




この作品のキーワード
OL  社内  恋愛  裏切り  秘密  会社