「お疲れ様ー!」


少しだけ煙たい店内。
仕事帰りのサラリーマンでごった返している。



「部長、お疲れ様です」



あたしはビール瓶片手に部長の隣に腰を落とした。



「おお、佐伯。サンキュ」



少しだけ残っていたビールをグビッと飲み干すと、部長はあいたグラスを差し出した。

コップに並々注がれたビール。
部長はあたしの手から瓶をとると、あたしにもお酌してくれた。


「飲めるだろ?」

「ありがとうございます。……で、でも、たしなむ程度ですから」

「っはは。そーやって言う奴は、だいたい酒豪なんだがな」



チンと涼やかな音をさせて、乾杯をした。



やっぱり仕事終わりはビールだよね!

って、23の女がいきなり飲み屋で「とりあえず生!」って言うのもなんだか気が引けた。



だって、きっと男の人からしたら
かわいく「カシスソーダ」とか言ってた方が受けはいいんだもん。



でもまあ、部長もすすめてくれたし。
ちょっとくらいはいいよね?



グイグイといつもの容量でビールを飲み干していたあたしの元に。


頭上から呆れたような声が降ってきた。




「お前、豪快だなあ」


「……んぐっ!」




ひぇっ!

思わず吹き出しそうになって、慌てて口を手で押さえる。
なんとか口に入っていたものを飲みこんで、あたしは恐る恐る顔を上げた。


真上から覗き込むようにして、顔を出したのは。




「あ!久遠さん、やっと来ましたねぇ。遅いっすよ」



うわ……。
豪快って……言われた……。

この作品のキーワード
秘密  社内恋愛  先輩  イジワル  甘ロマ  オフィスラブ  強引  胸キュン