キラキラした太陽の日差しが眩しい
季節はすでに初夏。

外にいたら汗ばむような日が続いていた。


そんなある日。
あたしと久遠センパイだけ部長に呼び出された。




「か、海外出張、ですか?」

「そうだ。パリのファッションショーの視察に行ってもらえないか」



パパ、パ……パリ!!?

あんぐりと口を開けたまま固まった思考回路。

すごい……パリのファッションショーなんて……。


茫然とするあたしとは真逆の反応をしていたのが、久遠センパイだ。
センパイはその表情をキラキラと輝かせると、すぐさま頷いた。


「はい。 是非行かせてください」

「ん。 いい情報仕入れてくれよイズミ。……で、佐伯はどうだ。イズミに同行できるか?」

「あ……は……!」



……って!
ちょ、ちょ、ちょ……ちょっと待って?


せんぱ…………センパイと…ふ、ふたり?



うそ……。
どうしよう。行きたいけど、すっごく行きたいけど……。

どうしよう!?




「どうした、佐伯? 行けないのか?」

「………………」




どど、どうしよぉぉおお!!!!

この作品のキーワード
秘密  社内恋愛  先輩  イジワル  甘ロマ  オフィスラブ  強引  胸キュン