ガラス張りのオフィス。

そこから差し込む太陽の日差しはとても穏やかで、キラキラした粒子と一緒についでに眠気も連れてきた。


うーん……、眠い。
ダメだな、集中力切れちゃった。

小さくため息を零す。

ちらりと時計を見ると、6時を回ろうとしていた。

ずっと資料作りしていて、気が付かなかった……。


ちょっと休憩しよう。

バッグからお財布とスマホを手に取ると、椅子から立ち上がった。


今、オフィスには、あたしだけ。
真山くんと柘植さんは宣伝部との会議に参加してる。
課長は、確か午後からは海外担当との打ち合わせがあると言っていた。


お財布を両手でしっかりと抱えながら、ふと視線を落とす。
そこは、自分のデスクの左側。

久遠センパイ……、月曜には戻れるって言ってたよね。
もし予定通りなら、今日……会えると思ったのに。

その月曜も、すでに終わりを迎えようとしていた。



「今日はもう、帰ろうかな……」



もう少しで終わるけど、それでも確認してもらうのは明日の午後だ。

久しぶりに帰って、ゆっくりお風呂にでも入ろう。
友達がパリに行って、アロマの入浴剤を買ってきてくれたんだ。

うん、そうしよう。


少しだけ心が軽くなって、あたしは再び椅子に腰を下ろすと、帰る準備を始めた。



と、その時だった。




――――ギイ


オフィスのガラス扉が開く音がした。

つられるように顔を上げると、そこには――――。



「おお、佐伯。まだいたのか」

「あ、く、久遠センパイ」



肩にスーツを引っ掛けて、脇にノートパソコンを抱えたセンパイ。
その表情は、少し疲れた顔をしていた。

そのまま自分のパソコンの前に座ると、すぐさま起動させる。

鞄を乱暴に足元におくセンパイを、ジッと見つめていると、そこでハッとした。



この作品のキーワード
秘密  社内恋愛  先輩  イジワル  甘ロマ  オフィスラブ  強引  胸キュン