穏やかな昼下がり。
まだ、コーヒーの香ばしい残り香がするオフィスに、今日も恐ろしい声が響く。



「佐伯!お前ふざけてんのかっ、なにこんな初歩的なミスしてんだ」



目の前にバン!とファイルが置かれ、ビクリと肩をすくめた。


「すみませんっ!」

「やり直せ、あと1時間でだ」

「い、1時間っ!!?」



思わず声をあげると、ギロリと鋭い視線が飛んでくる。


「出来ないとは言わせねぇぞ」

「……はい」


有無を言わさぬ真っ黒なオーラを放ちながら、久遠センパイは再び自分のパソコンを睨み始めた。

その横顔を見つめ、下唇をキュッと噛み締める。


ううっ、鬼っ!鬼っっ!悪魔っ!

ファイルと資料を手にして、勢いよくそのページをめくった。


なによ、なによっ!
だ、だいたい、元はと言えばセンパイがいけないのよ!

あんな事するからっ!


手を止めて、そっと隣を盗み見る。

そこには、相変わらず物凄い速さで手を動かすセンパイがいて。
その瞳は真剣そのもの。
仕事モード全開って感じ。

いつもと何も変わらない。

全然、なにも。


……あたし、センパイと……キスしたんだよね。



ぼんやりとしていると、ふとセンパイの手が止まり、茶色の瞳がこちらを向いた。



えっ


ドキリと心臓が飛び跳ねる。

何度も瞬きを繰り返していると、絡み合った視線を逸らしたのはセンパイの方だった。



「手が止まってんぞ。ボーっとすんな」

「……」



な、なっ、なっ……!!!!


この作品のキーワード
秘密  社内恋愛  先輩  イジワル  甘ロマ  オフィスラブ  強引  胸キュン