ふわりとアロマの香りのするリビング。

通されたのは、シンプルな家具で統一されたLDK。
必要なもの以外は何もない、言ってみれば生活感なんて微塵も感じさせない。



「なに、んなとこ突っ立ってんだよ」

「ひゃあっ」



茫然と部屋を眺めていると、不意に声をかけられて慌てて飛び退いた。

すぐ隣には、キョトンと瞬きをしたセンパイがいて。
それからすぐに、イジワルそうに笑った。



「なんつー反応。別にいきなり襲ったりしねーから」

「ん、んなっ!!?」



ギョッとして、持っていた鞄をギュッと胸に抱く。

い、今……今、いきなりって言いました?
いきなり襲わなくても、後で襲うって意味っ!!?


そんなの、だ、ダメっ!
ぜっっっったいダメなんだからっ!


「か、帰ります!」

「は?」



思わず後退りしながらそう言う。

カウンターにお財布やらスマホを置きながら、センパイが振り返った。


切れ長の瞳がまっすぐあたしを見降ろしていて、それだけでたじろいでしまう。



「こんなの、ダメですよ。その時の雰囲気に流されたりしてたら……後で絶対後悔します。だから、あの、あたしは帰ります」




そうは言ってみても、あたしはセンパイの事が好きで……。
だけどセンパイの気持ちはわからなくて……。


それでも、もし。

もしここで、センパイが「好きだ」って……。
そう言ってくれたなら、あたしはきっと……。




「流されなきゃいいんだろ?」

「はい……へ?」




この作品のキーワード
秘密  社内恋愛  先輩  イジワル  甘ロマ  オフィスラブ  強引  胸キュン