転校。引越しから約1ヶ月がたった。

この家にも学校にもなれたところ。


でも、ちょっとはしゃぎすぎちゃったかな?


「38.7℃やっぱり疲労がピークに来ちゃったかな?」

「すみません」

「ま、今日と明日は安静にね」

「はい。」


体だるい。

食欲ない。

気力ない。


なんか何もしたくない。


「大丈夫ですか?」

「はい。」


あ、黎君。

ちょっと癒される・・・///


「すみません」

「え?」


なんで誤るの?


「芹葉さんをこんな状況にしたのは俺の責任です」

「え・・・そんなことないですよ」

「だから、今日と明日は俺が看病します」


え?

黎君が看病??

こんなこ幸せなことないよ・・・

でも・・・なんでか頭がくらくらする・・・


芹葉さん??


―はさん


さん


あぁ・・何か黎君の声遠のいてくよぉ・・・


この作品のキーワード
婚約者  許婚  甘々