心優しい、貧しい一人の娘。

美しい月夜の晩に、不思議な花を見つけました。
花はふるふると震えながら、語りかけてきます―


妖精に愛でられた娘、彼女の運命は大きく変わっていくのでした。


さて、
物語のはじまりです……。




2007.8.9完結

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。