言えば、そのままの彼は台所に行った


「……その、格好のままでいるんですか」


彼の服は、明らかによそ行きだ


家という空間には、不釣り合い


サラリーマンが、自宅でもスーツを着ているよう


窮屈だろうと思っていれば


「当たり前だ。彩芭の前では、俺はいつもカッコ良くいたいからね」


例えるなら、結婚生活を長続きさせるには、必要な条件が聞けた


専業主婦で一日中家にいようとも、毎日化粧して綺麗でいるという気が遠くなるような決意


三日坊主で終わりそうなそれだけど、彼はやり遂げそうだ


また、『私の為』がそこに入るんだから



この作品のキーワード
ヤンデレ  恋愛  監禁  狂愛  恋人依存症  ある種、純愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。