「彩芭、何かあった?」


「え……」


ふと、何を思ったか、彼がそんなことを言ってきた


私を見上げる、心配げな表情


いつもなら、私が彼を見上げるのだが、今は別だ


私は彼を見下す……もとい、見下ろしていた


高さが違う


床に寝転がる彼に、座る私


それならまだいいが


「あの……。あんまり、動かないでもらえますか」


私の膝上で、ゴロゴロされるのは鳥肌がたつ


膝枕
今やっている恋人ごっこは、それだ


彼にとってみれば、『ごっこ』じゃないのだけど


「照れてる?」


動かないでと言ったのに、意地悪げに彼は私の太ももに触った


銃を持っていなければ、悲鳴の一つでもあげていたところ


この変質者めと、やはり見下した


この作品のキーワード
ヤンデレ  恋愛  監禁  狂愛  恋人依存症  ある種、純愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。