(一)


その日、講義もないのに私は大学に行った


暇つぶしに近い


行く途中のコンビニで買った栄養ドリンクを昼食代わりとして、ぶらぶらとしていれば


「あ、彩芭ちゃん!」


後ろから、私の名を呼ぶ人

声からして、誰かなんて分かる


振り向けば、思った通りの人物


ニコニコと、人懐っこそうな笑顔を浮かべて彼女は私に駆け寄ってきた


久しぶりから始まり、空いている?じゃあ、話ししよう


という具合に、私たちは談話することになった


昼食時とあって、大学の食堂に行く


クリーム色で統一された清潔な空間


適当な空いている席に、向き合うようにして座った


で、座ったからには食事と、彼女は購買で買ったクリームサンドを食べようとしていた


この作品のキーワード
ヤンデレ  恋愛  監禁  狂愛  恋人依存症  ある種、純愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。