★★★★★
「 愛、故に 」
背筋が凍りつくような・・
そんなお話です。

行き過ぎた彼の行動に
ゾクリとしてしまいますが
彼の彼女へ向けた真っ直ぐな気持ちには
最後には涙が頬を伝うほど。

この人しか愛せない。
そう言う彼の純粋さに
胸がぎゅっとなりました。

歪んだ愛を受け入れるしかなかった彼女の気持ちを考えると
なんとも言えない気持ちになります。

人として、作家として、
学ぶものが詰まった
とても素敵な作品です。

是非、読んでみてください。
【Sena】
12/10/31 00:10

>>新着レビュー一覧へ