地球上に在って、かつ無い街


栄えていて、かつ栄えていない街


それがここ、
透明人間の街なのだ――‥