あっちゃんがこの世にさよならを告げてから3ヶ月がたっていた。

あっちゃんとの奇跡の絆が日に日に大きくなっているのを感じる。

あこのぺったんこだったお腹は、少しずつ膨らみを増していた。


2003.2.15


「ねぇっ!!
見てみて!今日大雪になるんだってさぁっ!!

あこ、体冷やすんじゃないよっ?」

お昼ご飯を食べながら、お姉ちゃんがテレビを指差している。

『うん!大丈夫!』

本当だ。
降水確率100%だ。
しかも、雪だるまマークが出てる。

お天気お姉さんが言うには、今日1日で50cmは積もるのだとか…

心配になって窓から外を覗き込んだ。

『あれっ?
でもさ、雪全然降ってないよっ!!

雪…ってゆうよりも、お日様出てるんだけどっ!(笑)』

天気予報の嘘つき!
どこが大雪だって?

良かった!
安心した!

だって今日は…
今日は大切な日なんだ。
行かなきゃいけない所があるんだ。

どうしても行かなきゃいけないんだ。

あの場所へ…

『お姉ちゃん、今日行かなきゃいけないとこあるんだ。

もう少ししたら、エリとヒロトくんが迎えに来るから、行ってくるね…』

曇って水滴のついた窓ガラスを人指し指で拭った。

「えっ…
体は大丈夫なの?

ほら…これ持っていきな!」

『ありがと!お姉ちゃん!!』

「ん…体冷やしたらダメだよ!?
済んだらすぐ帰ってきてよね?」

お姉ちゃんは、テレビの横の棚から一枚のホッカイロをあこに渡してくれた。

そっか!
前に話した事があるもんね!
分かってるんだ、今日、あこが行こうとしている場所…

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。