この小説は、
私の体験を元に書きました。

いじめにより居場所をなくし、
すべての希望を失い…。


友達の裏切り、

自殺未遂、

男女のだまし合い、


さまざまな出来事の中で、
懸命に生きてきた。


「ねぇ、私の顔って、醜い?」


いつからか、閉ざされた心。


もう一度、
笑顔をとりもどしたかった。


そして、


耐えきれないほどの
悲しみや憎しみと向き合った、


先に見つけた一つの希望。


それは…


「整形をする」ということだった。