『泣いたら、そばにいてくれんの?』


『泣いたら、わがまま言ってもいいの?』


大好きなあの人に罵るように言った。


『そうは、言ってない。』


彼は、私にうんざりしたように言った。


だから....


私は、答えをだした。


『そんな愛情なら、いらない。』

この作品のキーワード
恋愛  同級生  元サヤ    強がり  同窓会  勘違い  復縁  喧嘩